スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
オタクとは・・・
さてさて・・・

再び

つーか

久々にやってまいりましたこのコーナー

またしても錬空がお送りしております


とかまぁ

そんなことはさておき

やはりアレですよ

オタクとは何か

オタクの基準とは

真のオタクになるためには

この辺の話題は

非常にいじりがいが・・・

語りがいがありますね

まぁ、ぶっちゃけ

適当にそれっぽいこととかそうでないことを

言いたい放題してるだけですが

とか、そんな感じで

最近、思うオタクについて


オタクとは・・・

これについて語ることは非常に興味深いことであり

また、結論が出難いものであろう

しかし、

結論は出なくとも

それに至るまでに明らかになることは多くあるはずだ

例えば

オタクの最低条件とは

萌える心があることである

これは、以前にも述べたものである

また、オタクのあるべき姿についても

言えることがある

コレクター的要素を持ち合わせていること

この言い方は少々敷居が高いものになってしまうが

基本的な心の持ちようとして

自分のオタクモノを大切に扱おう

そして、他人のオタクモノも丁寧に扱おう

ということである

これは、正直言って

一般常識と同じではあるが

オタクであるならば

より一般人以上にこれに気をつけなければならない

いや、むしろ

気をつけるのではなく

自然と出来る必要があるだろう

人のものを壊す

人のものを汚す

そして、人の趣向を蔑む

このようなことはもってのほかである

借りた側の感覚ではなく

貸した側の感覚

作り手側の感覚でモノを扱わなければならない

人のものを借りる時は出来るだけ丁寧に

人のオタクモノを見る時は出来る限り失礼にならないように

この心はオタクにとっては必須であろう

そして、それは他人のものだけでなく自分のオタクモノにも言えるはずだ

オタクという自覚があるならば

オタクモノに対して細心の注意を払えるようになるべきであろう



っていうか

友人に貸したラノベが

無事に帰ってくるかどうかがすごい不安なだけです・・・orz
スポンサーサイト
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0
201008282008
なんとなく語ってみよう・・・ヲタク編
 久々になんか語ってみたくなったから少し書いてみようかなと・・・。テスト週間とか関係なしに、暇な時はよく分からない事考えてたりするからね・・(汗

 さてさて今回のお題は「オタク」ですね。前にも書いたことあります(過去の産物の戯言考察の一つ)が、なんとなく少し内容を変えて書こうかなと・・・。

 さて、オタクの普及やら差別やらの問題に関して言うとするならば、まずオタクとは、何であるかって事を定義しないとどうにもなりません。とは言っても、現代ではかなり曖昧な意味で使われていると言うのは否定できません。で、少々ウィキペディアから引用しながら話をしていきます。
 オタクとは、何であるか。これは当初から幾つかの見方があります。ただ、見方を無視して、マニアや研究者と少し比較してみます。マニアとオタクの違い。自分は以前、萌えの有無で言ってしましたが、大きな違いは対象の広さです。マニアは対象とするものが少数なのに対し、オタクはジャンル全般であるということ。すなわち、オタクのほうがマニアよりも対象とする範囲が広いという事です。オタクと研究者の違い。別にこれは言わなくても問題ないと思いますが、世間に貢献できるか否かと言ったところです。
 
 とりあえず、オタクがどんなものかある程度知ってもらったところで意見を述べて行きます。
オタクがなぜ否定的に捕らえられるのか。それは、今のオタクがキモイか否かとかそういう話ではないです。オタクと言う言葉が本などに出てきた当初、オタクと言う言葉が否定的に使われていたという事が大きな原因であると思われます。作者がお宅を否定的に用いたから否定的な意味でのオタクが広まった。さらに、その時期にいわゆるオタクと称される人が犯罪をおこなったということがあります。こういう事を基にして考えていけば、オタクと言うのは基本否定的な言葉でいいってことになりますね。でも、上記でも述べたとおり見方は様々であって、これは否定的な見方の一部でしかない。ただし肯定的な意味で使われる事は現代は全くといっていいほどないです。特定の物事のエキスパートなんて見方をしてる人は実際問題なかなかいないです。
 では、なぜ否定的な意味でのオタクがこうも流行傾向にあるのか。オタクの元々の意味を考えればオタクと言う言葉が広がるのは全くおかしい事ではない。むしろ必然といっていい。オタクというのはジャンル全般を対象としているわけだから、ゲームばかりやっている人もオタクと言うことも出来ます。つまり現代人のかなりの人がオタクと称されてもおかしくない状況にある可能性が高いという事です。しかし、オタクと言う言葉が否定的に普及しているために、自分がオタクが認めようとはしない。ここで個人の基準の差が生じ、オタクの曖昧さが出てくる。
そして、最終的にオタク批判派と個人基準でオタクとされた派が生じるのではないかと。
しかし、こうはいってもオタクの流行を説明がまだ出来ていない。オタクが流行する理由は何なのか。ここにはやはり現代人の精神的な問題が影響していると考えるのが普通でしょうか。現代人は、少なからず精神的に追い詰められている部分がある。そこで、自分の精神の安定のために、他人をオタクと称して自分を一般化する。この傾向はオタクに限らず、キモイ、ウザイなんかの言葉でも同じですね。
 しかし、オタクと称されたほうはなかなか納得できない部分もあるってのが実状ですね。オタク=キモイなんて見方なんかされたりしたら普通に考えて抵抗するのが当たり前。ここで、やはりオタクと一般派の溝が出来てくるのではないかと。しかも、オタクの中でもいくらか、溝があるってのも事実です。

 では、こういう溝をどうすればいいのか。言ってしまえば溝をなくす必要なんてないって言う事もできます。いつの時代も差別はつき物です。いまさらどうこうするって必要もないんじゃないかと思えてきます。
 でも、あえてここは何かしら考えて見ましょうか。オタク差別をなくすにはどうするべきか。基本的には、自分を一般化してる人が自分がオタクだという事を自覚すれば問題ない。しかし、そう簡単に出来るもんじゃない。やはり、オタクの負のイメージを拭い去らなければならない。そうなると根本的に変えていかなければならないってことにある。ここまでくるとオタクと言う言葉を抹消するほうがてっとり早いといわざるを得ない。

 ちょっと自分の結論を言いにくい話の流れになってしまったのでなんですが、ちょっと話し切って少ししゃべります。とりあえず、現代人がオタクであるという事を自覚じたほうがいいのではないかって所は変わりません。オタクに対するステレオタイプな考えも変えなければならない。しかし、オタクといわれるような人も変わらなければならない。オタクってのはコミュニケーション能力に劣っているという捕らえ方もされる。だからこそ、オタクと呼ばれるような人は、分けなければならないと思う。他人と接する時の自分と、オタクとしての自分を使い分けなければ、客観的な負のイメージはどうしても消えない。

 なんかイマイチ結論がうなく言えない・・・。
こっからは愚痴です。
 政治家がオタク的な趣味を持ってるのはかまわない。ただ、それをマスコミなんかに見つかるのはどうかと思う。オタクってのは負のイメージがあるんだから政治家がそんなイメージもたれてどうする。日本がオタク大国になっていいうのか。いいわけない。オタク文化が世界に誇れるものってのはふざけてる。つーか、世界的にオタクってのは広がってるんだから人類規模での問題でもある。いいのか人類こんなことで・・・。


 あぁ、なんかよく分からない事になってしまった。なんか今日は文章ダメだな・・・。現文のテストで疲れ果てたな・・。多分
別窓 | 戯言 | コメント:4 | トラックバック:0
200802222202
前回の内容から
 前回の記事ですこし自殺について出したからすこしそれについて書いてみようかなと・・。こんなんことするんだったら寝ろってところだけどさ・・。

 やっぱり自殺願望がある人は、生きる事の苦痛のほうが生きる事の楽しみを上回って死に逃げたいって事なのかな。まぁ、ちょっと話を進めるにあたって、そういうことだと仮定して書いていこう。
 さて、生きる苦しみから死に逃げるってわけだけど、死に対して生のほうが苦しみなんかが多くなるのは考え次第で必然なのではないかと。
俺が考えているのは、生きると言う事は継続であって、死ぬと言うことは一瞬である。だからこそ、生きると言う事には死ぬと言う事よりも苦痛なんかが伴うんじゃないかと。
死ぬって言う事も、見方次第では継続ととることもできるけど、本人の意識から考えれば、死ぬと言うのは一瞬、というよりも死んでいる時間はないわけで・・・。

で、こうなると生きている人が皆苦痛に苦しんでいるって事になっちゃうんだけど、その苦痛よりも大きな生きる事の糧になる物ってなんなんだろうなと。
俺的には、意識しない日常にそれがあると思うわけで、自殺願望の理由で、生きる楽しみが見つからない、とか目的がないなんて事は、ナンセンスなんじゃないかと。それに、生きる価値が、どうのこうのつったって、実際問題人間に人間の生きる価値を決める事なんて出来るわけないんだし、それこそ矛盾だと思う。どれだけがんばって人間の価値を追求したところで、人間のうちでの独りよがりの価値だったりして絶対的な価値には結びつかないのではないかと。
だから、自殺願望のある人が自分の価値を見出せないなんて言い出したって、価値を見出そうとする事事態が、無茶な話なんじゃないかなと、考えてたりします。
別に人間なんて価値を考えなくても生きていくわけだし、もっと気楽に生きてしまってもいいのではないか。しかし、それが出来ないのも人間の性でもあるんだろうなぁ。
別窓 | 戯言 | コメント:4 | トラックバック:0
200802140028
OOゲーとかね・・・
 なんか、あんまり細かいネタだとコメントとかもしづらそうなのである程度広めのネタでいこうかなと・・・。狭くなっっていくかもしれんけど・・。

 最近、自分は元がエロゲーとかそういうタイプの小説とかアニメとか見かけますが、やっぱりそういうアニメ、小説でも良い悪いはありますよね・・。別に悪いっていうんだったら、元エロゲーだから、無理あるよなぁって感じで納得しちゃったりするんですが、良いやつっていうのはなんというか違和感みたいなものを感じます。エロゲーってのはやっぱり基本エロを出すのが目的なんだろうけど、エロがなくて高評価なら、つまりストーリーその他の内容がエロがなくても十分通用するものなら、別にエロゲーとして出さなくても良かったのではないかと思います。(物によってエロ自体がイマイチなものもあるらしいし)
やっぱり一般的な目で言ったら、エロゲーかどうかってのはかなりの差があるんだから、会社の利益としてもエロゲーではないほうが良いって事もあるんじゃないかと・・・。実際、PS2の全年齢版とかを出してるわけなんだし・・。エロゲーでなくてもいいなら最初から普通のゲームとして出せばいいんだし、エロゲーとして出したいんだったら全年齢版で出しなおすってのはそのゲームの核を抜いてるようなもんだし・・・。
やっぱり、エロゲーかどうかという壁を考えれば、その辺をはっきりわけちゃうのもありかなぁと思ったりします・・。でもそれがエロゲーの良い部分だったりするかもしれないしよく分からない部分もあるんだけどさ…。

 なんか、読みなおすとエロゲー連発で書いてるほうとしてはちょっと笑える。まぁ、中途半端な立場からの意見だからなんとなく書いてていまいちだなぁとか思ったりするんだけどさ・・・。ただ、最近、小説とかアニメとか見てたりして思うことの一つ・・・(かもしれないψ(*`ω´)ψ)
別窓 | 戯言 | コメント:4 | トラックバック:0
200802072331
宗教とか信仰とか・・・
 なんとなく今日はちょっと愚痴っぽい感じで・・。

なんか今日は朝っぱらから、母親がどたばたと掃除とかなんかいろいろとしてて巻き添え食らって起こされました。なんか客が来るとかどうとかって・・。

 で、まぁ俺の部屋は客が着た部屋の隣なんで、なんとなく話が聞こえなくもないんだよね・・。
 でまぁ、ちょっと聞き耳を立ててみると韓国人っぽい人(日本人ではないと思う)が、「神が~」とか「愛が~」とかよくわからんことを話してるわけですよ。

 結構前から急に母親が宗教(?)っぽいことに興味を出し始めてたのは気づいてましたが、なんていうか、自分に言わせればくだらねぇとかそんなレベルですよ・・・。

 まぁ、自分で戯言とか言ってよくわからないことを書いている身としてはあまりあぁだこぉだとか言えないですが、やっぱり宗教とか、信仰とかってのはなんかくだらない感を感じます。
ってか、正直聞いてるとむかついてきたりもします。

 特に「戦争をなくすために努力しなければいけない」とか「アダムとイヴの愛が~」とか言われても何が言いたいのかさっぱりわからん。自分的には戦いを完全になくすなんて不可能だし、アダムとか出されても現代に関係ないし・・。

 まぁ、そんな自分に関係のないことに関して、言いたいのではなくて、宗教とか信仰とかに物(金とか)を関係させるのはそれこそ意味がわかんねぇ。宗教とか信仰って信じるもんであって、金でどうとかって物じゃない・・・。まして、お金払ってなんかよくわからないお払い(お寺のとかではなくて)とかしてもらって、幸せになれるとは到底思えない。

 自分もたまには、神頼みの状態もあったりしますが、それはあくまで内面的な話であって、物でどうとかって問題じゃないし。

 なんか、最近無線LANのほうで親のPCの方のメールとかチェックしてたらなんか先祖解怨とかよくわからんものが出てくるし・・。変なものにお金を使うぐらいなら、もっとほかの事に使えばいいとか思う。

 とりあえず、自分は宗教とか信仰とかにはいまいち賛成しづらいかな・・・。

 以上
別窓 | 戯言 | コメント:2 | トラックバック:0
200801191104
| 気まぐれ気ままな昨日の明日 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。